事業概要

1. 研究会名

「日本痤瘡研究会」" Japan Acne Research Society(略称JARS)"

2. 事業概要

痤瘡研究者の意見交換の場をつくり、痤瘡の基礎研究や疫学調査、臨床研究を推進することによって、科学的根拠のある治療法の確立とその普及に努める。

事業内容:本会は、目的を達成するため、次の事業を行う。

  1. 基礎研究及び臨床応用研究の推進事業。
  2. 会員の学術集会・講習会等及び他学会・研究会等との交流事業。
  3. 一般市民に対する啓発推進事業。
  4. その他目的を達成する為に必要な事業。

研究会幹事(設立時):

理事長 林 伸和(虎の門病院皮膚科部長)
理事 赤松浩彦(藤田保健衛生大学医学部応用細胞再生医学講座教授)
  窪田泰夫(香川大学医学部皮膚科学教室教授)
  黒川一郎(明和病院皮膚科部長)
  小林美和(産業医科大学皮膚科学教室講師)
  谷岡未樹(京都大学大学院医学研究科 皮膚生命科学講座講師)
  古村南夫(久留米大学医学部皮膚科学教室准教授)
  山本有紀(和歌山県立医科大学皮膚科准教授)
監事 古川福実(和歌山県立医科大学皮膚科教授)
顧問 川島 眞(東京女子医科大学皮膚科学教室教授)
  宮地良樹(京都大学大学院医学研究科 皮膚生命科学講座教授)
  (五十音順)

3. 事業計画

主事業として、以下を計画している。

1) セミナーの実施

2) 市民公開講座の実施

一般市民に対する啓発事業として市民公開講座を実施する。(年1回程度を予定)
また、市民公開講座と並行し、メディアを対象としたプレスセミナーを実施する。

3) 臨床研究・疫学調査

本会の目的を達成するために、各種疫学調査・臨床研究を企画し公表していく。
初年度は、QOL及び瘢痕形成に関する疫学調査を行う。

このページの上へ